縮毛矯正

美容院?市販?自分の髪の毛に合った縮毛矯正剤で髪を元気に

最近は縮毛矯正をかける方々も随分と増えてきているため、縮毛矯正剤の種類も増加傾向があります。一般的な美容院で使用している縮毛矯正剤も様々あるので、美容院によって使っている縮毛矯正剤は違っていますし、現在は自宅で縮毛矯正ができる市販の縮毛矯正剤も数多く販売されるようになりました。

縮毛矯正剤ひとつを取っても、縮毛矯正効果、髪の毛や肌への影響、値段などそれぞれで異なる部分がとても多いので、どの縮毛矯正剤が自分の髪の毛に合っているか、全く分からないという方々も多いのではないでしょうか?

特に市販されている縮毛矯正剤の使用は、自分の手によって縮毛矯正をかけるので不安も大きいところかと思います。縮毛矯正によって髪の毛を傷めてしまうことも考えられますし、髪の毛の健康を害してしまうのでは?と心配している方々もいらっしゃいますよね。

では、より髪を傷めにくく元気な状態を保つことのできる縮毛矯正剤にはどのようなものがあるのでしょうか?

つまり「良い縮毛矯正剤」ということですが、実はすべての人に効果のある良い縮毛矯正剤というものはないのです。良い効果があったと感じる縮毛矯正剤は、みなさんそれぞれで違っているということなんですね。

例えば、美容院Aで縮毛矯正を行ったら、とても良い状態のストレートになったというAさんがいたとしましょう。Aさんは縮毛矯正の効果が落ちてから、前回とは違う美容院Bで縮毛矯正をかけてもらいました。

すると、前回ほどの縮毛矯正の効果が見られなかったのです。これは縮毛矯正を行った美容師の腕にもよりますが、美容院によって使用している縮毛矯正剤が違うものであったことも原因であると言えます。

また、美容院で縮毛矯正を行ったときはキレイなストレートヘアにならなかったのに、市販の縮毛矯正剤を使ったらしっかりストレートヘアになった、という場合もあります。

美容院の縮毛矯正剤の方が効果が高いと思われがちですが、人によっては市販の縮毛矯正剤を使った方が高い縮毛矯正効果があった、ということも珍しくありません。

反対に市販の縮毛矯正剤では上手くいかなかったけれど、美容院で縮毛矯正をかけてもらったら満足のいくヘアスタイルになったという方々もいます。

一般的には最後に挙げた例が一番多く当てはまることかと思いますが、中には美容院で使われている縮毛矯正剤が合わないという方々ももちろんいらっしゃいますので、美容院で使われている縮毛矯正剤と市販の縮毛矯正剤のどちらが良いのか?という点は、人それぞれ違っているということで結論づけられますね。

このように、少しでも髪を傷めにくく縮毛矯正をかけるには、自分の髪の毛に合った縮毛矯正剤を使うことが大切です。

縮毛矯正剤を使うことによる肌への刺激や、縮毛矯正剤の液の臭いなども健康に影響しますので、縮毛矯正剤を使うときにはそういった面も十分に気をつけていきましょう。

そして縮毛矯正をかけた髪の毛を元気な状態に保つには、縮毛矯正後のケアも重要です。美容院の縮毛矯正剤を使っても市販の縮毛矯正剤を使っても、縮毛矯正を行っていることに変わりはありませんので、少しでも髪の毛へのダメージを少なくするために、しっかりヘアケアをしてあげるようにしましょうね。

ヘアケアについては【縮毛矯正といえば美容院、美容師おすすめの縮毛矯正後のヘアケア】や【髪を傷めないために、市販の縮毛矯正剤を使ったらすぐヘアケア】を参考にしてくださいね。特に縮毛矯正直後は、毎日時間をかけてケアしていきましょう。

縮毛矯正後の髪型、縮毛矯正をかけてから髪型を変えたくなったら

縮毛矯正をかけてストレートにした髪の毛。せっかく髪型を癖のないストレートにできたところですが、縮毛矯正の効果がなくならないうちに違うヘアスタイルにしたくなってしまったことはありませんか?

人によっては、縮毛矯正をかけてからある程度の時間が経つと、その髪型に飽きてしまうことがありますよね。縮毛矯正をかけた髪の毛はストレートヘアにはなりますが、実際ストレート以外の髪型にすることは難しい部分があるので、縮毛矯正をかけた髪型をすぐに変えたい、と思っている方々はとても多いのです。

では、実際に縮毛矯正をかけた髪の毛を変えることはできるのでしょうか?縮毛矯正の効果が落ちれば、自然に癖毛の状態に戻っていきますので、縮毛矯正前の髪型にすることができます。

縮毛矯正の状態から髪型を変えたい場合は、この方法が一番手間もかかりませんし、お金もかからないので簡単です。縮毛矯正をかけたストレートヘアから癖毛に戻るのを待てば良いのです。

しかし、縮毛矯正の状態からパーマの髪型に変えたい場合は、少し問題が生じてきます。縮毛矯正の効果がまだ残っているストレート状態の髪型である場合には、縮毛矯正をかけた部分にパーマがかかりにくくなってしまっているのです。

縮毛矯正は髪の毛の癖を矯正しているわけですから、ストレートヘアにパーマをかけているときと同じような髪の毛の状態になっているんですね。

しかし、癖毛→縮毛矯正とストレートヘア→パーマでは、矯正の効果が異なります。縮毛矯正からパーマをかけた髪の毛をストレートヘアに戻すには「ストレートパーマ」をかければ良いのですが、縮毛矯正をかけた状態からパーマをかけるとなると、元々の髪質からさらに変えていくことになるので、非常にパーマがかかりづらくなってしまうのです。

また、縮毛矯正をかけてからパーマをかけると、髪の毛の傷みが激しくなってしまう傾向が強くあります。縮毛矯正をかけるだけでも髪の毛は傷みやすいので、そこからパーマを加えてしまうことでより髪の毛にダメージを与えてしまうことになるのです。

例えばパーマを強くかけたとしても、縮毛矯正の効果が残っている髪の毛の場合はゆるくかかる程度になります。パーマの効果は見た目にはあまり見られないのですが、パーマを強くかけたことで髪の毛の傷みだけが進行してしまうということです。

それでも縮毛矯正の状態から髪型を変えるためにパーマをかけたい、という場合は、縮毛矯正をかけたとき以上にヘアケアに気を遣うようにしてください。

髪の毛は一度傷んでしまうと、完全に補修されるまでには時間がかかります。傷みが進行してしまうと、傷んだ部分を切らなければならなくなってしまうので、髪の毛を伸ばすことも難しくなります。

髪の毛に何もしていない状態でも髪の毛は傷みますが、縮毛矯正をかけた髪の毛やパーマをかけた髪の毛は特別傷みやすいので、毎日のヘアケアが必須です。なので縮毛矯正→パーマという流れでは、さらに念入りなヘアケアが必要になるのです。

トリートメントは毎日欠かさないこと、ブラシやくしで髪を梳かしすぎないこと、ドライヤーなどの熱をあてすぎないことなど、小さなことから気をつけてみてください。

トリートメントは洗い流すタイプの通常のトリートメントと、洗い流さないタイプのアウトバストリートメントの両方を上手く使い分けると良いですね。

縮毛矯正やパーマをかけた髪の毛はドライヤーの熱で傷みやすくなってしまうので、髪を乾かす前にアウトバストリートメントで髪の毛をケアしてくださいね。髪を傷めないためにも、ヘアケアには十分に時間をかけるようにしましょう。

前髪だけを縮毛矯正!チリチリの前髪でも縮毛矯正をすればサラサラに

後ろ髪はストレートなのに、前髪だけ癖が強くて悩んでいる方々はいらっしゃいませんか?癖毛でチリチリしていたり、湿気でうねってしまったり、髪型を決める中心にもなる前髪の調子が悪いと、せっかくの楽しい気分も台無しになってしまいますよね。

前髪だけが強い癖毛の状態になってしまう方々は意外に多く、性別も問いません。男女共に前髪の癖毛の悩みを抱えている方々がいらっしゃるんですね。

そんなみなさんにおすすめなのが、実は縮毛矯正なんです。縮毛矯正は後ろ髪を含めた髪全体にかけるものだと思われがちですが、前髪だけという一部分でも問題なく縮毛矯正をかけることができます。

現在、縮毛矯正の施術を行っている美容院では、前髪だけの縮毛矯正も行っているところがたくさんあります。縮毛矯正をかけるために美容院までいらっしゃるみなさんの中には、髪全体に縮毛矯正をかける方々はもちろん、前髪だけに縮毛矯正をかけるという方々もいらっしゃるんですよ。

なので、前髪の癖が強いことに悩んでいる方々は、ぜひ前髪に縮毛矯正をかけてみてください。癖毛で悩んでいたことが嘘のように、サラサラとした手触りの前髪に仕上がります。

美容院で前髪に縮毛矯正をかける際には、髪全体に縮毛矯正をかける時間よりも短時間で済みますので、十分な時間がなくても美容院で縮毛矯正をかけることができます。縮毛矯正剤を使う量もかなり少なくなりますから、縮毛矯正にかける値段も安く済みますよ。

髪全体に縮毛矯正をかけるのはお金も時間もかかりますが、前髪だけならその半分程度で髪の毛をストレートに仕上げることができますから、試しに縮毛矯正をかけたいという方々にも前髪の縮毛矯正はおすすめです。

また、現在は自宅で縮毛矯正をすることも可能になりました。縮毛矯正剤は数多く市販されるようになり、自宅にいてもみなさん自身の手で縮毛矯正ができるのです。

髪全体を市販の縮毛矯正剤で縮毛矯正することも可能ですが、前髪だけを縮毛矯正したいときには市販の縮毛矯正剤はさらにおすすめです。

美容院で縮毛矯正をかける場合よりも短時間で値段も安く済みますし、前髪なのでより簡単に仕上げられます。前髪の癖毛を矯正したい場合はもちろん、後ろ髪を自分で縮毛矯正するときの練習として、前髪に市販の縮毛矯正剤を使ってみても良いでしょう。

ただし、注意しなければならない点があるので、その点にはしっかり気をつけておきましょう。

まず市販の縮毛矯正剤を前髪だけに使用する場合は、髪全体に縮毛矯正をかけるときよりも使用する量が少ないので、多く使いすぎないように注意してください。

また、放置しておく時間も通常より短時間でOKなので、あまり長く放置しすぎないようにしましょう。

そして前髪だけに縮毛矯正をかけたときに忘れがちなのが、ヘアケアになります。髪全体に縮毛矯正をかけた場合、全体的にヘアケアを念入りに行いますが、前髪だけに縮毛矯正をかけた場合は、縮毛矯正をかけたことに意識的でなくなってしまうことが多くあるので、知らず知らずのうちに前髪部分が傷んでしまうのです。

特に男性の方々には、前髪だけに縮毛矯正をかける方々が多くいらっしゃるのですが、縮毛矯正後に十分なヘアケアを行わないため髪が傷みやすく、縮毛矯正の効果も早く落ちてしまいます。

例え前髪だけでも、縮毛矯正後の髪の毛はしっかりケアすることを欠かさないようにしてくださいね。

このように、前髪だけに縮毛矯正をかけてストレートヘアにすることは男女共に可能ですが、縮毛矯正剤の使用方法や縮毛矯正後のヘアケアには十分気を配るようにしましょう。

縮毛矯正の施術にかかる時間、縮毛矯正をかけてからキープできる期間

縮毛矯正をかけるときに気になるところと言えば、値段そして縮毛矯正の施術時間ですよね。縮毛矯正の値段については【たくさんある縮毛矯正は効果も値段も様々、最近の縮毛矯正事情】で詳しく紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

ここでは縮毛矯正の施術時間について紹介していきます。現在の縮毛矯正は様々な方法がありますね。最も一般的な方法としては、やはり美容院の縮毛矯正になります。

美容院で縮毛矯正をかける際はプロ美容師が行うことになりますが、縮毛矯正の施術時間は美容師によって左右されるものではありません。縮毛矯正剤によって変わるものなので、美容院で使用されている縮毛矯正剤が違えば、それぞれの施術時間も違ってきます。

美容院で使用されている縮毛矯正剤の施術時間は、平均して3~5時間ほどになりますが、髪の毛の長さや多さ、縮毛矯正をかける部位によって時間は前後します。

また、美容院での縮毛矯正の行程では最低でも3時間以上はかかるので、休日などの時間があるときにしか縮毛矯正をかけられないことがデメリットでもあります。

ただし、時間をしっかりかけることで縮毛矯正後の髪の毛を傷めにくくすることができるので、初めて縮毛矯正をかける方々は美容院で縮毛矯正をすることがおすすめです。

では、市販の縮毛矯正剤を使った場合は、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?一般的に市販の縮毛矯正剤は、美容院で使用されている縮毛矯正剤よりも施術時間が短いことが特徴です。

平均して20分~30分となっているので、美容院での縮毛矯正に比べてかなり短時間で縮毛矯正をかけられます。施術時間については、パッケージや説明書には「放置時間」と記載されているので、説明をよく読み予め確認しておきましょう。

また、市販の縮毛矯正剤を使用した場合、髪の毛が非常に傷みやすくなります。美容院で縮毛矯正をかけても髪の毛は傷むことがありますが、縮毛矯正に慣れていないみなさんが行うことでより傷みやすくなる傾向が強いのです。

なので、縮毛矯正後はいつもより念入りにヘアケアをしてください。ヘアケア方法については【縮毛矯正といえば美容院、美容師おすすめの縮毛矯正後のヘアケア】や【髪を傷めないために、市販の縮毛矯正剤を使ったらしっかりヘアケア】を参考にしてみてくださいね。

このように縮毛矯正の施術時間は、縮毛矯正剤や髪の毛の長さ、多さによって変化します。美容院で縮毛矯正を受ける際には美容師の指示に従って、市販の縮毛矯正剤を使用する際には説明書をよく読んで縮毛矯正をかけましょう。

では、こうして縮毛矯正をかけてから、効果をキープできるのはどのくらいの期間なのでしょうか?

縮毛矯正の効果は、しっかり縮毛矯正がかけられていればいるほど長持ちします。反対に中途半端な状態の縮毛矯正では効果が持続せず、すぐに癖毛の状態に戻ってしまいます。

例としてセミロングの場合、縮毛矯正後は平均して3ヶ月ほど効果が持続しますが、縮毛矯正がしっかりかけられていない場合は3ヶ月よりも短期間で効果が落ちてしまいます。

縮毛矯正に失敗してしまうと、せっかくの縮毛矯正の効果が持続しないので、特に自宅で縮毛矯正を行う場合は十分に注意しましょう。

ただし、美容院での縮毛矯正でも、美容師のやり方によっては縮毛矯正に失敗してしまうことも考えられます。中には縮毛矯正に慣れていない美容師もいますから、縮毛矯正を得意としている美容師がいる美容院を選ぶことで、縮毛矯正に失敗を防ぐことができます。

縮毛矯正の効果を持続させるために、美容院選びにも気をつけておきましょう。

意外に知られていないストレートパーマと縮毛矯正の違いと特徴

縮毛矯正と同じような意味で使われている「ストレートパーマ」をご存知ですか?「ストパー」という略称でも知られているので、みなさんも何度も耳にしたことがあるかと思います。実際にストレートパーマをかけたことがある方々も多いのではないでしょうか?

しかし、縮毛矯正とストレートパーマの違いについては、よく知らないという方々がほとんどです。

縮毛矯正とストレートパーマは、どちらも髪の毛をまっすぐに、ストレートにするイメージを持っていることかと思いますが、実は細かい部分で様々な違いがあるのです。

まずはストレートパーマから見ていきましょう。ストレートパーマは髪の毛をストレートの状態にすることができますが、これは元々髪の毛がストレートの人に効果があるものです。

癖毛の場合もストレートパーマはかけることができますが、パーマの効果は薄く、すぐにストレートの状態から癖毛へ戻ってしまいます。

つまり、ストレートパーマは元々髪の毛がストレートの人がパーマをあてたりした場合に、ストレートに戻すために使うものなので、癖毛の改善には向かないのです。

では、癖毛をストレートにするには何を使えば良いの?というときに、縮毛矯正が効果的なんですね。

縮毛矯正はストレートパーマとは違い、癖毛もストレートの状態に矯正することができます。むしろ元々髪の毛がストレートの方々は、縮毛矯正をかけなくてもストレートパーマをかければ十分まっすぐな髪の毛になりますので、縮毛矯正は癖毛の方々専用ということにもなります。

縮毛矯正は、その癖毛を半永久的にストレートの状態にできることが特徴です。縮毛矯正がしっかりかかっていれば長期間ストレートの状態を保つことができますし、逆に縮毛矯正のかけ方が中途半端な場合は、縮毛矯正の効果が早く落ちてしまい、癖毛の状態に戻ってしまいます。

また、縮毛矯正がしっかりかかっていても永遠にストレートの状態を保てるわけではないので、ストレート状態の髪の毛を保ちたいのであれば、縮毛矯正をかけ直す必要があります。

そうして繰り返し縮毛矯正をかけていくことで、髪の毛が非常に傷みやすくなりますが、しっかりケアをしてあげれば問題ありません。

ただし、ストレートパーマよりも縮毛矯正の方が髪の毛を傷めやすいので、ヘアケアには十分に気をつけるようにしましょう。

現在はストレートパーマも縮毛矯正も市販のものが販売されているため、自宅で簡単に行えるようになりましたが、どちらも美容院で施術をするより髪の毛に加わるダメージが大きいので、市販の縮毛矯正剤やストレートパーマ剤を使用する際にはヘアケアも念入りに行ってくださいね。

このように、縮毛矯正とストレートパーマには様々な違いがあることが分かっていただけたでしょうか?

縮毛矯正とストレートパーマは、髪の毛の特徴によって使い分けることができますので、自分の髪の毛がストレートか癖毛か、という点からどちらを使用するのか決めるようにしましょう。

パーマをかけたストレートの髪の毛にはストレートパーマを、生まれつきの癖毛には縮毛矯正を、といったようにそれぞれの髪質によって使い分けてください。

毛先だけ癖が強い、という場合も元が癖毛ということになるので、ストレートパーマよりも縮毛矯正がおすすめです。

意外に知られていない縮毛矯正とストレートパーマの違いですが、両方の特徴を詳しく知り、上手く使うことでよりキレイなストレートヘアに仕上げることができます。ぜひみなさんも、自分の髪質に合った方法でストレートヘアにしてみてはいかがでしょうか?

髪を傷めないために、市販の縮毛矯正剤を使ったらしっかりヘアケア

縮毛矯正後の髪の毛は、非常に傷みやすくなっています。美容院で縮毛矯正をかけても傷みやすくなりますが、特に市販の縮毛矯正剤を使った場合に傷んでしまう傾向が強いんですね。

現在は市販の縮毛矯正剤が増えてきているため、自宅で自分の手で縮毛矯正を行う方々も多くなっていますが、その分だけ縮毛矯正剤による髪の毛の傷みを気にしている方々も増加してしまっているのです。

縮毛矯正は元々髪の毛を傷めやすくなっていますが、縮毛矯正に慣れていない方々が市販の縮毛矯正を使うことで、さらに髪の毛にダメージを与えてしまうんですね。

普段から縮毛矯正に慣れている美容師でさえ、髪の毛に完全にダメージを与えずに縮毛矯正を行うことは難しいので、素人であるみなさんが自分で縮毛矯正を行うことは十分な注意が必要になります。

そこでみなさんにやっていただきたいことは、良質なヘアケアです。普段から髪の毛が傷んでしまったときはトリートメントなどでケアをしますよね。

縮毛矯正によってダメージを受けた髪の毛も同じようにトリートメントでケアしてあげることで、髪の毛自体も元気になりますし、縮毛矯正の効果を長持ちさせることもできます。

では、縮毛矯正後に使うトリートメントはどんなものを使うと効果的なのでしょうか?普段からトリートメントを使っている方々も、縮毛矯正後はヘアケアにより気をつけてていただきたいので、縮毛矯正によるダメージをしっかりケアできるトリートメントを紹介していきましょう。

みなさんは、トリートメントを選ぶときにどんなことを意識していますか?これはシャンプーなどにも言えることですが、パッケージやコマーシャルの影響でトリートメントを選んでしまっていることがほとんどかと思います。

市販のシャンプー、コンディショナー、トリートメントはテレビや雑誌などでたくさん広告されているので、知名度は高いのですが、配合されている成分や効果にはあまり目を向けられていないことがあります。

もちろん市販のトリートメントを使ってはいけない、ということではありません。しかし、市販のトリートメントを選ぶときに成分表示やその成分から得られる効果などを、しっかり意識していただきたいのです。

効果の薄いトリートメントを使っていても、髪の毛のダメージはいつになっても改善されませんし、縮毛矯正後のダメージが進行してしまうことも考えられます。

髪の毛のダメージをひどくしないためにも、良質のトリートメントを使ってしっかりケアしていきましょう。

髪の毛のダメージに効果が高いとされているトリートメントとしては、保湿効果が高い成分がおすすめです。一般的な保湿成分にはヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などがありますね。これらは肌にも良い成分で、化粧水や美容液にも多く使われています。

また良質なトリートメントには、ホホバオイル、アボカドオイルなどの少し聞き慣れない保湿成分が配合されているものがあります。

ホホバオイルは、美容クリームやネイルトリートメントなどにも使われている保湿効果の高いオイルです。通常のトリートメントにはもちろん、アウトバストリートメントにも配合されていますし、化粧用ホホバオイル自体をアウトバストリートメントとして使うこともできます。

また、特にダメージが大きい髪の毛にはオリーブオイルもおすすめです。補修効果が高いので、髪の毛にダメージがあればあるほど効果が期待できます。

このように、市販の縮毛矯正剤を使ったあとには良質なトリートメントを使うことが効果的です。自分に合ったトリートメントで、しっかりヘアケアをしていきましょう。

縮毛矯正といえば美容院、美容師おすすめの縮毛矯正後のヘアケア

「縮毛矯正をかけよう」と思ったときには「美容院に行こう!」と一番に思う方々がほとんどかと思います。最近では自宅で市販の縮毛矯正剤を使って縮毛矯正をかけることもできるようになりましたが、やはり美容院に行って縮毛矯正をかけてもらった方が無難と思っている方々が多いのではないでしょうか?

実際に美容院で縮毛矯正を受けたことがある方々は、その美容院で縮毛矯正を定期的にかけてもらっていることでしょうし、今まで縮毛矯正をかけたことがない方々は、美容院で初めて縮毛矯正をかけるという結論に至ることがほとんどです。

美容院には定期的に縮毛矯正をかけるために来店してくださる方々はもちろん、初めて縮毛矯正をかけるために来店してくださる方々もたくさんいらっしゃいます。

縮毛矯正は自宅でできるようになったとはいえ、美容院の縮毛矯正を利用してくださる方々は年々増えているようにも思います。

そして私は、このような美容院で縮毛矯正をかけたみなさんに決まって助言することがあります。定期的に縮毛矯正をする方々ならばもうよくご存知かと思いますが、やはり縮毛矯正後はしっかりとヘアケアをしなければなりません。

縮毛矯正はみなさんが思っている以上に髪の毛を傷めやすく、縮毛矯正の効果自体もシャンプーなどのやり方によってだんだんと落ちてしまってくることもあります。

縮毛矯正後については、定期的に縮毛矯正をかける方々にも初めて縮毛矯正をかける方々にも同様に注意を促すようにしています。では、実際にどのようなアドバイスをしているのか少しここで紹介しておきたいと思います。

縮毛矯正後のヘアケアで重要なのは、シャンプーとトリートメントになります。みなさんはいつもどんなシャンプーを使っていますか?

シャンプーは市販のものを使っている方々がほとんどかと思いますので、無理に美容院で使っている業務用のものをおすすめすることはありません。市販のものか業務用かということよりも、そのシャンプーの成分や性質が縮毛矯正後の髪の毛には重要になってきます。

縮毛矯正後の髪の毛は傷みやすくなっているため、美容院では刺激の少ない弱酸性タイプのシャンプーを使用することをおすすめしています。弱酸性タイプのシャンプーは肌にも優しいので、敏感肌の方でも安心して使っていただけます。

弱酸性タイプのシャンプーは業務用も市販のものも販売されていますので、みなさんが購入しやすい弱酸性タイプのシャンプーを選んでいただいてOKですよ。

次に、シャンプー後のトリートメントについてのアドバイスとしては、縮毛矯正後の数日間は特に傷みやすくなっているため、念入りにトリートメントするようにお願いしています。

トリートメントには様々なものがありますが、やはり良質なものをおすすめします。トリートメントと銘打っていても現実はコンディショナーと同様の効果しか期待できないようなものもありますし、肌に刺激を与える成分が含まれているトリートメントも数多く市販されています。

良質なトリートメントを選ぶ際には、トリートメントに配合されている成分が決め手となりますので、成分表示をしっかり確認する癖をつけるようにしましょう。間違ってもパッケージやコマーシャルなどの影響で購入するようなことはしないようにしてくださいね。

良質なトリートメントを使うことで縮毛矯正後の髪も元気になりますし、普段から使っていくことで傷みにくい髪の毛に育てることができます。ヘアケアはみなさんの髪の毛の運命を変えるといっても過言ではありませんので、毎日しっかりケアしてあげましょう。

新しい縮毛矯正「M3D縮毛矯正」で髪の毛がキレイに生まれ変わる

みなさんは「M3D縮毛矯正」をご存知ですか?縮毛矯正をかけたことがある方々でも、まだあまり知られていないのがM3D縮毛矯正です。M3D縮毛矯正は、次世代の新しい縮毛矯正というわけです。

なので、今回初めて耳にしたという方々もたくさんいらっしゃるかと思います。まずはM3D縮毛矯正がどのようなものか紹介していくことにしましょう。

M3D縮毛矯正の「M3D」についてですが、これは「メモリー3D」の略称です。3Dはそのまま「立体」という意味になります。つまりM3D縮毛矯正は、立体の状態をメモリー(記憶)するという効果のある縮毛矯正なんですね。

従来の縮毛矯正は単に髪の毛をまっすぐにするための縮毛矯正でしたが、M3D縮毛矯正は髪を内側から健康にしながら、縮毛矯正の効果を長く保ち続けることができるのです。

髪を健康に保つならトリートメントを使えば…と思われる方々もいらっしゃるかもしれませんが、そのトリートメントよりも効果が高いのがM3D縮毛矯正です。

M3D縮毛矯正をかけるだけで、髪の毛にコラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、ケラチンなどの有効成分が浸透していきます。通常の縮毛矯正をかけて市販されているトリートメントを使ってケアしていくよりも、M3D縮毛矯正をかけることの方が髪の毛に優しいということです。

今までの縮毛矯正というと髪の毛にダメージを与えてしまうイメージが強く、実際に何度も縮毛矯正をかけていると髪の毛を傷めてしまうことも珍しくありません。

しかし、M3D縮毛矯正には髪の毛を傷める心配がないですし、ヘアアイロンを使ってわざわざストレートにする手間も大きく省くことができます。

また、ヘアアイロンを使う場合でも、髪の毛を傷めることなくスタイリングができてしまいます。M3D縮毛矯正はヘアアイロンで熱を加えることでさらに効果を増していきます。ドライヤーを使った場合も効果は同様です。

M3D縮毛矯正は熱によって傷んでしまう縮毛矯正ではなく、熱によって縮毛矯正効果を高めていく新しいタイプの縮毛矯正なのです。

このように、M3D縮毛矯正はどなたでも安心して利用できる縮毛矯正となっています。今まで縮毛矯正をかけたことがない方々、縮毛矯正をする度に髪がダメージを受けてしまった方々、縮毛矯正後の髪の毛の傷みが気になる方々など、縮毛矯正に興味があれば、ぜひM3D縮毛矯正を試してみてください。

ヘアアイロンやドライヤーの熱で髪が傷んでしまって困っている方々にもおすすめです。M3Dは熱を味方にしてしまうので、ヘアアイロンやドライヤーを使う機会が多い方々も、ぜひM3D縮毛矯正を試してみてください。

現在、様々な美容院でM3D縮毛矯正を受けることができるようになっていますので、行きつけの美容院やお近くの美容院へ一度ご相談くださいね。

ちなみにM3D縮毛矯正の値段は、美容院にもよりますが大体2万円前後で施術することができます。通常の縮毛矯正をかけるよりも少し値が張るかもしれませんが、効果は通常の縮毛矯正よりもずっと高く、縮毛矯正をかけた直後の状態を長く保つことができます。

また、M3D縮毛矯正と併せて「M3Dシャンプー」と「MSDコンディショナー」を使用すると、M3D縮毛矯正の効果をより長く保てるようになりますので、こちらも行きつけの美容院の方へご相談ください。

M3D効果のあるシャンプーとコンディショナーはネット通販でも購入可能ですから、縮毛矯正をかけた後のケアにもぜひ使用してみてくださいね。みなさんもM3D縮毛矯正で髪の毛をキレイに生まれ変わらせましょう。

いつものシャンプーとはちょっと違う縮毛矯正後のシャンプー

縮毛矯正をかけた後、いつもと同じようにシャンプーをしてしまってはいませんか?実は縮毛矯正をかけた後の髪は、いつも通りにシャンプーをしてしまうと縮毛矯正の効果が落ちてしまったり傷みが進行してしまったり、様々なダメージを与えられてしまうのです。

せっかく縮毛矯正をかけた髪ですから、キレイな状態を長く保ちたいですよね。そのために縮毛矯正後のシャンプーは十分に気をつけたいところです。

では、具体的にどのような方法でシャンプーをしていけば良いのでしょうか?ここでまず気をつけていただきたいのが、シャンプーをするのか、しないのかという点です。

以前は「縮毛矯正後はシャンプーをしてはいけない」と言われていましたが、現在は縮毛矯正後もシャンプーをすることを勧めています。

美容院によっては「縮毛矯正後なので数日間はシャンプーしないでください」などと助言されることもありますが、現在の縮毛矯正の技術であれば、縮毛矯正後であってもシャンプーをしただけで効果が一気に落ちてしまうことはありません。

縮毛矯正後のシャンプーには十分に気をつけるべきなのですが、縮毛矯正をかけたからといって「数日間は全くシャンプーをしない」ということではないんですね。

縮毛矯正をかけた当日もシャンプーをして良いのですが、そのシャンプーの方法に気をつけていただきたいのです。いつも通りにシャンプーをしてしまうと、縮毛矯正をかけた髪の毛を誤って傷めてしまうことがあります。

特に男性の方々など簡単にシャンプーを済ませてしまうような場合は、より丁寧にシャンプーするように心がけてください。女性の方々もシャンプーをするときは丁寧に念入りにしていきましょう。

また、シャンプーの種類についても注意が必要ですね。縮毛矯正後のシャンプーには、髪の毛と肌に優しい弱酸性のものを使うことがおすすめです。

いつも使っているシャンプーが弱酸性のものであればそのまま使ってしまって構いませんが、弱酸性のものではないシャンプーを使っている場合はそのシャンプーを使うのは避けましょう。

シャンプーのパッケージや裏面に「弱酸性」と記載されていますので、弱酸性のシャンプーを探して使ってみてください。そしてシャンプー後のトリートメントも重要です。

みなさんの中には普段からトリートメントを使っていらっしゃる方々も多いかと思いますが、縮毛矯正後の髪は特に傷みやすいので、トリートメントも良質のものを使うことをおすすめしています。

美容院では、髪の毛にはもちろん肌にも良いトリートメントを使っていますが、そのトリートメントはみなさんも購入することができるようになりました。

いわゆる「業務用」というトリートメントですが、美容院で購入することもできますし、最近ではネット通販でも扱われるようになってきましたね。そのようなトリートメントを使って、縮毛矯正後の髪の毛をしっかりケアしてください。

トリートメントには髪の毛の傷みを修復、改善したり、髪の毛を傷みにくく強くしていく効果がありますから、縮毛矯正をかけた直後ではなくても普段から定期的に使っていくようにしましょう。

また、美容院によっては縮毛矯正後にシャンプーをしてくれるところもあります。そういった美容院の場合は、縮毛矯正直後であっても問題なくシャンプーをしても大丈夫です。

もし美容院からシャンプーを控えるように言われた場合でも、今回紹介したようなシャンプーについてのことを話してみてください。

最近の縮毛矯正はシャンプーをしても良いものに変わってきていますので、縮毛矯正後でも毎日シャンプーをして髪の毛を清潔な状態に保つことができます。

たくさんある縮毛矯正は効果も値段も様々、最近の縮毛矯正事情

現在では美容院で受けられる縮毛矯正を始め、自宅で縮毛矯正剤を使った縮毛矯正、ヘアアイロンを使った縮毛矯正など様々な縮毛矯正の方法があります。

一般的なものとしては、やはり美容院による縮毛矯正になります。美容院ではプロの美容師による縮毛矯正を受けることができますので、失敗も少ないですし、何より安全に縮毛矯正をかけることができます。

自宅で縮毛矯正を行うことは難しいですが、美容院よりも簡単に手軽に行えることが人気となっています。また自宅での縮毛矯正では、縮毛矯正剤と併せてアイロンを使った縮毛矯正の方法もあり、現在の縮毛矯正はより様々な方法でできるようになりました。

最近の縮毛矯正事情としてはこのようになりますが、中でもみなさんが気になるのは、縮毛矯正をかける際にかかる値段かと思います。そしてその値段に合った縮毛矯正の効果があるのか?という点も疑問に思うところでしょう。

最近は縮毛矯正の方法が以前よりも増えたことで、縮毛矯正の効果やその値段についても非常に様々になってきています。例えば美容院で縮毛矯正をかける場合では、縮毛矯正を受ける美容院によって値段は異なっています。

最近の美容院での縮毛矯正は、平均すると1万円02万円くらいの値段となっていますが、美容院によって細かい部分に差がありますので、より詳しい値段についてはそれぞれの美容院でよく確認しておきましょう。

また、縮毛矯正に加えてカラーリングやカットを行う場合はさらに値段が高くなることもあるので、その点も注意しておくと良いでしょう。

ちなみに、カラーリングは縮毛矯正をかけてから約1ヶ月くらい経ってから行うことが一番ですが、美容室によっては縮毛矯正と併せてできることもあります。

縮毛矯正→カラーリングの順番であれば問題ありませんので、もしカラーリングを行いたい場合は縮毛矯正を受けた美容院に相談してみてください。

カットについては、縮毛矯正の値段にカットの値段も込みで計算している美容院もありますから、カットもお願いしたい場合にはこちらも美容院の方にご相談くださいね。

美容院で受ける縮毛矯正の値段は以上のようになりますが、市販されている縮毛矯正剤の値段は、美容院での縮毛矯正とまた異なる部分があります。

美容院では1万円02万円ほどかかる縮毛矯正ですが、市販の縮毛矯正剤の値段は平均して千円02千円くらいとなっています。美容院での縮毛矯正と自宅で市販の縮毛矯正剤を使って行う縮毛矯正では、値段に大きな差があることが特徴的ですね。

市販されている縮毛矯正剤も様々な種類がありますから、平均といっても値段は多少前後することもあります。千円より安いものもあれば2千円より高いものもあり、その縮毛矯正剤の効果も様々です。

市販の縮毛矯正剤Aを使ったら高い効果があったという人がいても、他の人には市販の縮毛矯正剤Bの方が効果が高かったということも珍しくありませんので、自分の髪質や肌質に合った縮毛矯正剤を使うようにしましょう。

自宅で行う縮毛矯正には、以上のような縮毛矯正剤を使った方法の他に、ヘアアイロンを使った方法もあります。最近ではヘアアイロンも様々な種類が販売されるようになりました。

髪の毛をストレートにするタイプのヘアアイロンの中には縮毛矯正効果の高いヘアアイロンもあるので、市販の縮毛矯正剤と併せて使ってみても良いですね。

また、最近のヘアアイロンはプロ仕様のものがネットで安く簡単に買えるようにもなりましたから、高精度のヘアアイロンを使って癖毛を改善してみることもおすすめですよ。